0120-858-222 電話する

秋冬こそ皮脂の分泌に気をつけたい!その理由とケア方法

, , ,

秋冬の頭皮は皮脂の分泌が不安定になりやすい

頭皮においては春夏秋冬、四季を通じてそれぞれの悩みがありますが、秋冬は特に頭皮の皮脂の分泌が不安定になりやすいので、季節に応じたケアが重要です。
夏から秋にかけて気温が下がってくると、過ごしやすくなるとともに空気が一気に乾燥してきます。なんとなく肌にかゆみを覚えるなどの変化を感じ始めたら、頭皮も乾燥しやすくなりますので注意してください。
頭皮が乾燥してしまうと、本来の毛髪を育てる機能が低下してしまい、抜け毛や薄毛の原因になります。また髪が細くなったり、クセが強くなるなどの変化も起こりやすいです。
逆に頭皮が乾燥してしまうと、体が乾いた頭皮を潤さなければと皮脂を過剰に分泌し始めてベタついてしまうこともあります。
乾燥しやすい上にべたつきやすくなる、秋冬は本当に頭皮が不安定になりやすい季節なのです。

頭皮ケアで改善しないときは食生活を見直してみよう

頭皮のかさつきが気になりだした、髪に元気がなくなってきたと感じたら、それに応じたケアをする人は多いと思います。
保湿成分の豊富なシャンプーに切り替える、ヘッドスパで頭皮マッサージを受けるなど、ケアにはいろいろな方法がありますが、自分なりにいろいろなケアを試しても症状が改善されない場合は、栄養不足による頭皮環境の悪化が考えられます。
体を潤わす働きのある栄養を摂っていないと、肌はもちろん頭皮も乾燥してしまい、カサつきや過剰な皮脂の分泌を促してしまうのです。
頭皮の状態を安定させるために必要なものとして、まず「水分」が挙げられます。夏場は暑いのでこまめに水分補給をしていたという人も、秋冬になると極端に水分摂取量が減少してしまいます。
しかし肌を潤わせるために水分はとても大切で、それは頭皮においても同じこと。体を冷やさないように、常温もしくは温かい飲み物を積極的に飲むようにしましょう。

また潤いを保持する食材を、意識的に摂取するのも効果的です。手軽に摂取できるのは「コラーゲン」。
例えば比較的安価で入手できる手羽元を、10本ほど大鍋で水から茹で、アクや油を取りながら40分ほど煮るとコラーゲンたっぷりのスープが取れます。
これでリゾットを作るのもよいですし、野菜やきのこをたっぷり入れてスープを作れば、ビタミンとコラーゲンの両方を効率的に摂取できるのです。
たくさん作って冷凍しておけば、食べたいときにいつでも温かいチキンスープが食べられ、またたっぷりのコラーゲンで、肌も頭皮も潤いを取り戻すことができるでしょう。

外側と内側からケアすることで頭皮の安定化を加速

とはいえなかなか自炊することが難しいという人は、普段の食生活にサプリメントを取り入れて栄養バランスを確保するという方法もあります。
「フィンジアサプリ」は、髪や頭皮によい成分がたっぷり含まれているのはもちろんのこと、亜鉛やノコギリヤシなど、日々の食事から取り入れにくい栄養素を豊富に配合していますので、食生活の乱れによって頭皮環境が悪化している人は、より高い効果を実感できるはずです。
1日1回夕食後に摂取するだけなので、飲み忘れることなく、また薬やサプリメントに飲み慣れていない人でも、手軽に摂取できるのもポイント。プラセンタや葉酸など、美容に有効な成分も豊富なので、頭皮環境だけでなく肌の調子も良くなります。

秋冬は頭皮環境が乱れがちで、外側からのケアだけでは改善できないことも多いです。外側と内側の両方からケアをすることで、効率的かつスピーディーに頭皮をよい状態にすることができますので、食生活が乱れがちな自覚のある人は、ぜひフィンジアサプリを取り入れてみてくださいね。

フィンジア TOPへ