0120-858-222 電話する

秋は抜け毛のハイシーズン!頭皮ケアで意識したいことを徹底解説!

, , ,

秋口は肌も頭皮も不安定になりがち

夏が終わり、秋に入って過ごしやすい季節がやってくると、夏の疲れがどっと出て体調を崩してしまうという人もいるのではないでしょうか。
それと同時に、肌も潤いがなくなったり、今までと同じスキンケアをしているのに肌が荒れてしまったりといったことが起こります。
頭皮も同じで、普段と同じケアをしているのにピリピリする、かゆみが出るという人が少なくないようです。
季節の変わり目に頭皮や髪の状態が不安定になる理由は、温度差に体が対応しきれないということがひとつ。次に、夏から秋に変わる時期においては、空気が乾燥することによって不安定になってしまうということが考えられます。
肌をよい状態に保つには、とにかく保湿が重要になりますが、実は頭皮においてもしっかり潤っていることがとても大切。乾いた大地では草木が育ちにくいように、乾いた頭皮だと髪も育ちにくいのです。

乾燥を感じたらやっぱり保湿

涼しくなってきたなと思ったときに頭皮の乾燥を感じたら、まずは保湿をして頭皮を潤わせてあげましょう。
ここでオイルを使用した、頭皮のクレンジングと保湿を行う方法をひとつご紹介します。
まずは入浴時、シャンプー前にぬるま湯でしっかりと髪をすすぎます。このときシャンプーをすすぐのと同じくらい、しっかりすすいでください。
シャンプーヘッドが頭皮と垂直になるように当てると、毛穴の中の汚れが落ちやすくなりますので試してみてくださいね。
しっかりすすげたら、刺激が少ないオイルを手に取って、頭皮全体に伸ばしていきます。このとき使用するオイルは、例えば椿油のようなオイルだと刺激が少なく髪にもよいのでおすすめです。そのほか食用のオリーブオイルでもよいでしょう。
頭皮全体にオイルを伸ばしたら、頭皮マッサージと同じ要領でマッサージします。髪をすすいだときの水分と、オイルの効果で頭皮が柔らかくなり、毛穴が開きやすくなって汚れが浮き出てきます。
マッサージを終えたら、通常通りシャンプーとコンディショナーをしてフィニッシュです。
しっとりしつつも、すっきりとした頭皮の感触を実感できると思います。

頭皮にバランスよく水分と栄養を補給したい

先で紹介したオイルクレンジングは、少ない刺激で頭皮を保湿しながら汚れを取り除くことができるのでとてもおすすめなのですが、「頭皮がベタつきやすい」というデメリットがあります。髪が柔らかい人や細い人だと、オイルが浸透しすぎてしまいヘアセットに支障をきたしてしまうのですね。
そのため行うときは、お休みの前の日など、外出予定がない日に行うことをおすすめします。

ではヘアセットに影響せずに、頭皮を保湿するにはどうすればよいか?ここでご紹介したいのが「フィンジアヘアトニック」です。
フィンジアは朝晩いつでも使える、適度な保湿力のヘアトニックなので、ヘアセットの前に使用してももちろんOK。むしろ朝ヘアセット前に使用することで、頭皮の状態が整ってセットしやすくなります。
また最新のスカルプ成分として知られる「キャピキシル」や「ピディオキシジル」を豊富に配合しているため、ベタつくことなく毛穴の汚れをしっかり取り除いてくれるのです。
そのほか薄毛の改善を促進するといわれるカプサイシンなど、頭皮環境を整えてくれる植物性由来の成分がたっぷり配合されているので、不安定になった頭皮がよい状態に整います。
季節の変わり目はもちろんですが、オールシーズン頭皮が潤っていることは健康な毛髪を育てるためにとても大切なポイントとなりますので、朝晩フィンジアで頭皮を保湿することは、ぜひ習慣化されることをおすすめします。

フィンジア TOPへ