0120-858-222 電話する

夏バテが薄毛に影響する!?夏バテ防止策と対処法

, , , ,

夏バテと薄毛はどのように関わっている?

昔と比べて夏の気温がとても高くなりましたね。炎天下の中働いて、熱中症になってしまう人がたくさんいます。
熱中症とまではいかなくても、暑さによって食欲が失せてしまう人、決まったメニューしか食べる気にならないという人も多いのではないでしょうか。
体がだるくなったり食欲が失せたり、疲れが残りやすくなってしまう「夏バテ」は、実は薄毛にも関係してきますので、髪の悩みを抱えている人は注意が必要です。
夏バテをすると自律神経が乱れ、体内の機能が正常に働かなくなります。自律神経が乱れることがハゲや薄毛の原因となることは広く知られていますので、夏バテが薄毛につながることもうなずけますね。
また夏バテによって体に必要な栄養をしっかり摂取できなくなると、頭皮や髪にも栄養が行き届かなくなり、薄毛の原因となってしまいます。
暑さで元気が出ないときも、できるだけしっかり栄養を摂って元気よく過ごしたいもの。
では夏バテを予防して、体はもちろん髪や頭皮を健康に保つには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

食欲が落ちてもしっかり栄養を摂るコツ

夏はどうしても冷たいものを食べたくなったり、そうめんなどつるっと食べられる単品のメニューのみで食事をすませてしまうことが多くなります。
しかし冷たい食べ物は消化器系の働きを悪くし、内臓を疲れやすくしてしまうので、できるだけ温かいものを食べるようにしましょう。
またそうめんを食べるときは、単品ですませてしまうのではなく、野菜やたんぱく質を一緒に摂るようにするのもポイントです。
今の時期であれば、麺の上に香味野菜やモロヘイヤ、トマト、納豆などを乗せて、つゆをかけていただくスタイルだと、炭水化物だけということにはなりません。
少量でもできるだけ多くの食材を摂るように心がけると、バランスよく栄養を摂取できます。

適度に体を動かすことも大切

猛暑の中ではなかなか体を動かす気分になれませんが、少しでも体を動かすことでリフレッシュでき、血流がよくなって元気が出てきます。
炎天下の中で行う運動でなくても、室内で簡単にできるストレッチや、ラジオ体操程度の運動で十分です。1日に20分程度は筋肉の伸縮ができる運動を心がけたいですね。
また夏は暑いですが、海やプールなどのアウトドアを思い切り楽しめるシーズンでもあります。
休日は家族や友人と、思い切り外で遊ぶことでリフレッシュできれば、心身ともに元気がみなぎるのではないでしょうか。

それでも栄養不足を感じたら

体に必要な栄養はできるだけ食事で摂ることが望ましいですが、気をつけていてもなかなかバランスのよい食事が摂れないというときは、サプリメントの力を借りてみましょう。
マルチビタミンやミネラルなど、サプリメントにはさまざまなものがありますが、薄毛に悩む人には「フィンジアサプリ」がおすすめです。
フィンジアサプリにはビタミンやミネラルなど、夏バテを予防、解消するために必要な栄養素が豊富に含まれているのを始め、ハゲや薄毛に効果があるとされているノコギリヤシや亜鉛など、頭皮や毛髪の健康を考えた成分も豊富に配合されています。
薄毛のことを考えて作られていますので、夏バテで薄毛が悪化することを心配している人にぴったりのサプリメントなのです。
一般的なサプリメントは1日に2〜3回、何錠も飲まなければならないものが多い中で、フィンジアサプリは1日1回、就寝前に2錠飲むだけという手軽さもうれしい。
疲れが抜けにくい方や、栄養バランスが乱れている自覚のある方は、ぜひフィンジアサプリでしっかり栄養補給をしてください。

フィンジア TOPへ