0120-858-222 電話する

2020/09/11

【2020年版】飲酒による頭皮環境の影響とは?

,

飲酒と頭皮環境の関係は深いことをご存知でしょうか?
お酒好きにとっては心配な話です。
毎日の晩酌や飲み会も、はたまたオンライン飲み会も頭皮の状態が気になって楽しめなくなってしまうかも・・・と考えると不安になってしまいます。
飲酒と頭皮環境にはどのような関係があるのか、詳しく解説していきます。

お酒で抜け毛が増えるとされる原因

お酒はアルコールです。体内に入ると肝臓が一生懸命分解しようと働き、その際に発生するのがアセトアルデヒドです。毒性のある物質で最終的には解毒効果により酢酸へと変わって代謝されるのですが、髪の毛の成分を作るアミノ酸「ケラチン」が使用されてしまうのが抜け毛が増える大きな原因となります。
多量の飲酒が毎日続くとケラチンが不足し髪の毛の成長を妨げる要因になります。

また、アミノ酸は亜鉛も含んでいます。亜鉛は髪の毛の成長に欠かせない成分です。
毛母細胞と呼ばれる髪の毛を作る細胞を活性化させるために必要な栄養素が亜鉛です。不足してしまうと、毛母細胞を活性化させることもできなくなり、頭皮の新陳代謝が滞って毛髪サイクルまで乱してしまうでしょう。

一度に多量の飲酒でさらに頭皮環境が悪化する

アルコールを分解する際にアセトアルデヒドという物質が発生するとお話しましたが、一度に多量のアルコールが体内に入ってくると、アセトアルデヒドの分解が間に合わなくなってしまいます。血液中にアセトアルデヒドがめぐり、睡眠を妨げてしまいます。
睡眠が妨げられて成長ホルモンが十分に分泌されにくくなると、髪の毛の成長に影響を与えてしまいます。

また、同時に頭皮環境悪化の原因となるジヒドロテストステロンを増加させることもわかっており、お酒をたくさん飲めば飲むほど、頭皮環境が悪化する可能性は高くなります。

禁酒しなくても、たしなむ程度なら問題ない

たしなむ程度が問題無いというのは、1杯程度のお酒であるなら一定の血行促進効果や眠りをサポートしてくれるという側面もあるからです。
適量であればストレスの緩和にもつながります。
※適量というのは個人差がありますのでお酒に弱い人などは量を抑えるようにしましょう。

アミノ酸不足が気になるなら、フィンジアサプリでの補給をおすすめします。

関連記事:【フィンジアサプリ】6大主成分徹底解説

頭皮環境の悪化を防ぐ為に、お酒を飲む際は量に気を付けましょう

すでに頭皮環境が悪化し始めている人は、お酒の量に十分気を付けるようにしましょう。
適量なら問題ない飲酒も、多量になると頭皮環境がみるみる悪化していきます。
多量の飲酒は頭皮環境悪化の他にも様々な危険なリスクを抱えています。

まだ大丈夫かな・・と思っている人は要注意

まだ頭皮環境が気にするほど悪化していない人も、これからは注意してください。
一度お酒の量を見直してみましょう。多量な飲酒は確実に頭皮環境の悪化を招く要因を増やしています。いきなり頭皮の状態が悪くなることもありえますので、お酒を飲みすぎないように気を付けるようにしましょう。
お酒の飲みすぎは頭皮環境の悪化を招くだけでなく健康にも良くありませんのでたしなむ程度にセーブすることをおすすめします。

できることから始めよう

お酒を控えたからといって頭皮環境の悪化が止まるのかというとそういうわけではありません。ストレス・睡眠など様々な要因が重なって頭皮環境が悪化することになる為、その他の対策も必須です。
フィンジアを使ったり、栄養のある食事をしたり、お酒の量を見直すとともに日ごろの生活で出来る対策から少しずつ始めていきましょう。

関連記事:育毛に効果あり?と話題の食品まとめ


フィンジア TOPへ