0120-858-222 電話する

基本のヘアケアを知ってハゲや薄毛を予防しよう

, , , ,

頭皮ケアの基本を知って健やかな髪を育てよう

健康な髪を育てるには、日頃からのケアは欠かせません。美しい髪を保つためのケアも大切ですが、やはり髪を育てる土台となる頭皮のケアがもっとも重要になります。
頭皮ケアは、自分でできるベーシックなケアを毎日欠かさず行うことと、美容室などで受けられるヘッドスパなどのスペシャルケアの2種類がありますが、ベーシックケアを適当にしてたまにスペシャルケアを行うよりも、ベーシックケアを少しでも毎日継続するほうが、頭皮の状態がよくなります。
ここではハゲや薄毛に悩む人がぜひ押さえておきたい、基本的な頭皮ケアについて解説していきます。

「清潔」は基本中の基本

頭皮ケアの基本は、なんといっても「髪や頭皮を清潔にしておくこと」です。
最近はシャンプーのしすぎが薄毛の原因になっているという考え方もあり、「湯シャン」を実践する人も増えています。しかし頭皮や毛穴に過剰な皮脂や汚れがあっては、健康な髪が育つことはできません。
冬場など汗をかきにくい季節に、汚れていないと判断した上でシャンプーをお休みすることは良いと思いますが、皮脂の分泌が過剰な自覚のある人は、1日1回シャンプーすることをおすすめします。

スカルプ効果の高いシャンプーを選ぶ

またシャンプーのやり方も見直しが必要です。適当に泡が立ったから髪がきれいになったと思いこんでしまう人も少なくありません。
しかしシャンプーは髪につけて泡立てるのではなく、手にとって泡立てた後、頭皮につけてマッサージしながら洗うのが正解です。
「フィンジアシャンプー」は、アミノ酸系の洗浄成分を採用した、スカルプ効果の高いシャンプー。頭皮に潤いを与えるために必要な植物性の保湿成分を配合しているほか、頭皮をすっきり清潔に保つためのスカルプ成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」が配合されています。
頭皮をいたわるシャンプーを探している人は、ぜひ試してみるとよいでしょう。

頭皮を動かして血行を良くする

頭皮を動かして血行を良くすると、髪の育つ働きが活発になるといわれています。このため頭皮マッサージはケアの中で、とても重要な位置を占めているといえるでしょう。
頭部には筋肉がないことから自発的に動くことができないため、指などを使って外部から動きを与えてあげる必要があるのです。
頭皮マッサージは指の腹を使って、ゆっくりと頭皮に動きを与えるように行うのがポイント。ぐいぐいと力任せにマッサージしたり、爪を立てて頭皮に傷をつけることがないようにやさしく行いましょう。
またブラッシングによって、頭皮をマッサージすることも可能です。パドルブラシのようなブラシ部分のクッション性が優れているものを使用すると、頭皮に適度な圧力がかかってマッサージ効果を得られます。
ブラッシング時は一方方向にブラシをかけるのではなく、上から下へ、下から上へなどいろいろな方向から行うことで、より高いマッサージ効果が期待できます。

頭皮に潤いと栄養を与えて髪が育つ働きを助けてあげる

そしてベーシックケアの最後に必ず行いたいのが、ヘアトニックなどを使用して「髪に潤いと栄養を与えること」です。
「フィンジア」はフィンジアシャンプー同様、頭皮を清潔に保つスカルプ成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」が配合されているほか、健康な髪が育ちやすいように研究されたさまざまな成分が含まれています。
塗布するだけでも健やかな頭皮を得ることができますが、フィンジアをつけた後に頭皮マッサージをすれば、栄養分がより頭皮に浸透しやすくなりますし、配合されている「カプサイシン」の効果で頭皮の血行がよりよくなるので一石二鳥です。
頭皮ケアの仕上げにぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

フィンジア TOPへ