0120-858-222 電話する

AGA治療で副作用はある?治療前に知っておきたいAGAについて

, , ,

薄毛や抜け毛の悩みを解決してくれるのが、AGA治療です。今までずっと悩んできた人にとっても、最近薄毛や抜け毛が増えて悩んでいる人にとっても、AGA治療を受ければ悩みから解放されると思えば、治療を始めたいと思いますよね。でも、治療を始める前に知っておいてほしいのが、AGA治療によって起こる可能性のある副作用です。どんな副作用のリスクがあるのかを知ったうえで治療を始めましょう。

AGA治療で使用する治療薬について

AGA治療は外用薬・内服薬を基本としながら、その他の方法を含め様々な薬を用いてその人にあった治療法を見つけていきます。主に使われている3つの治療薬についてご紹介します。

・プロペシア
プロペシアは、日本で初めて厚生労働省が認可をした治療薬です。プロペシアは前立腺疾患の治療薬として使われていたのですが、研究を重ねるうちにAGAの治療にも効果があることがわかり、AGA治療で用いられるようになりました。

プロペシアの有効成分はフィナステリドという成分で、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制できると期待されています。ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼが結合することによって生成されてしまうのですが、フィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼの働きを阻害するため、ジヒドロテストステロンが生成しづらくなる、という仕組みになっています。髪の毛の成長サイクルを正常化し、抜け毛を減らして健康な髪の毛を育成するように促してくれるでしょう。

・ミノキシジル
ミノキシジルは、血圧降下剤として使用されていた成分です。こちらもプロペシア同様に研究を重ねた結果、AGAの治療にも効果を発揮することがわかり、発毛剤や育毛剤に用いられるようになりました。主な役割は、頭皮の血行を良くすることです。血行が良くなることで毛母細胞・毛乳頭に必要な栄養素が届きやすくなり、発毛や育毛をサポートします。

頭皮環境の変化が原因で発生する薄毛や抜け毛の治療に、ミノキシジルを用いることが多いです。

現在国内では、塗布タイプの外用薬のみで使用が認められています。

・ザガーロ
プロペシアと同様の働きをする成分で、ジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれます。ただし、プロペシアはⅡ型5αリダクターゼにしか効果が期待できないのに比べ、ザガーロはⅡ型だけではなくⅠ型の5αリダクターゼの生成も抑制するといわれており、その分プロペシアよりも強力な働きをする治療薬として注目されています。

副作用症状について


・プロペシアの副作用
プロペシアの副作用としては、頭痛・胃の不快感・眠気・頻尿・勃起不全・性欲減退・下痢などが可能性として考えられます。副作用の中で特に心配なのが、勃起不全や性欲減退という男性機能に障害をもたらす副作用です。もしも男性機能に障害が出始めたと感じたら、すぐに使用を中止して医師に相談しましょう。

・ミノキシジルの副作用
塗布タイプの外用薬なので、かゆみなど頭皮の異変が起こりやすい副作用です。その他、めまいやほてり、低血圧なども発生する可能性があります。あまり重大な副作用は起こりにくい治療薬ですが、副作用かな?と感じる症状が長く続く場合は医師に相談することをおすすめします。

・ザガーロの副作用
プロペシアと基本的には同じで、勃起機能障害や射精障害が副作用として発生しやすいです。その他、気力の低下や多毛症といった副作用もあります。もしも副作用が出てしまったら、使用を即中止して医師に相談してくださいね。

副作用が心配なら、まずは自宅で気軽に対策を

副作用のリスクを考えると、本当に治療を始めて良いかどうか迷ってしまいますよね。確かに副作用だけを見ると、治療しないほうがいいのでは…と思ってしまいますが、ちゃんとAGAに対しての効果も期待できます。とはいえ、初めての人は副作用を心配に感じるはずなので本格的な治療をする前に、自宅で使える育毛剤での治療を試してみましょう。

フィンジア TOPへ