0120-858-222 電話する

健やかな毛髪を育てるためにアミノ酸が効果的な理由って?

, , ,

髪とアミノ酸の関係

髪にはアミノ酸がよいと言われていますが、アミノ酸は人間の体の大部分にとても大きな役割を果たしている成分です。
筋肉のダメージを修復したり、体の機能を維持したり、エネルギーとなったりして、人間の体が正常に動くために欠かすことができません。

もちろん、毛髪においてもアミノ酸は重要な役割を持っています。
髪の毛はその9割以上が「ケラチン」という成分でできており、そのケラチンを作り出すために必要な成分がアミノ酸なのです。
アミノ酸が足りなくなると、髪の成長が阻害されるほか、髪の水分や栄養を保持することができなくなってしまいます。
アミノ酸は、育毛に欠かせない成分だということがわかりますね。

アミノ酸は、食事で摂取したたんぱく質が分解されることで作られます。
たんぱく質が体内で消化されるとアミノ酸に分解され、さらに毛母細胞でケラチンに作り替えられて、毛髪になる、という流れです。
ちなみに、ケラチンは18種類のアミノ酸が結合して作られており、それらのアミノ酸でもっとも毛髪にたくさん含まれているのが「シスチン」というアミノ酸です。
シスチンが多いほど、しっかりとした丈夫な毛髪が育つと言われています。
また、「ロイシン」というアミノ酸はきれいな黒髪を作り出すために、髪の毛の合成や分解をする役割を担っています。
さらに「アルギニン」は血管を拡張して血流をよくする働きがあるなど、それぞれのアミノ酸が健やかな髪を育てるために活躍しているのです。

効率的にアミノ酸を摂取するには?

アミノ酸は、基本的に食事から摂取します。
アミノ酸が豊富に含まれている食材は、納豆や豆腐などの大豆食品や、牛乳やヨーグルトなどの乳製品です。
魚であればサバやイワシ、ブリなどの青魚にアミノ酸が多く含まれていますし、肉類にも豊富に含まれています。
ただし、肉や魚といった動物性たんぱく質を摂りすぎると、コレステロール値が高くなってしまう恐れがありますので、豆腐などの植物性たんぱく質と組み合わせながら、バランスよく摂取することが大切です。

アミノ酸と食べ合わせがよい食材

アミノ酸は、そのほかの栄養素と合わせて摂取することで、よりその効果が高まります。
ビタミンBと一緒に摂取することで、たんぱく質の分解や髪の成長を促す効果が期待できるほか、ビタミンCと一緒に摂取すればアミノ酸の合成を高める効果が期待できます。
ビタミンEと一緒に摂取することで血行促進効果が、ミネラルはたんぱく質の吸収を高め、亜鉛はケラチンの構成を促進してくれます。
これらの栄養素の中で、育毛効果によりつながりやすいのが亜鉛です。
亜鉛はレバーや牡蠣、イワシなどに多く含まれるほか、海藻類にもたくさん含まれています。
これらの食材をバランスよく摂り入れることで、より美しい髪を育てることにつながるでしょう。

食事で補えないアミノ酸はサプリメントを活用するのも吉

バランスのよい食生活ができている人は、食事からアミノ酸を摂取することも可能かと思われますが、外食が多い人、コンビニ食が多い人などは、良質なアミノ酸を摂取することが難しいです。
また、アルコールを飲む人は、アルコールを分解するためにアミノ酸が大量に使われてしまうので、育毛に使うアミノ酸が足りなくなってしまうことがあります。
食生活が乱れがちな人や、アルコールを日常的に摂取する人は、食事から摂取するアミノ酸では足りないかもしれません。
その場合は、サプリメントを活用するのもひとつの方法です。
アミノ酸のサプリメントや健康食品はドラッグストアなどで手軽に購入できますので、口に合うもの、摂り入れやすいものをチェックしてみましょう。
ただし、サプリメントの場合は摂取によって肝臓に負担がかかってしまう可能性がありますので、持病のある人や妊娠中の方は、主治医に相談の上で摂取を検討してください。

フィンジア TOPへ