0120-858-222 電話する

ハゲは予防が肝心!ハゲを防ぐためのデイリーケア法をご紹介

, , ,

デイリーケアでハゲを予防しよう!

ハゲにはいろいろな原因が考えられ、遺伝要素が強いとハゲを防ぐことは難しいと考えている人も多いようです。
しかし、日頃からケアをしてハゲ予防に励むことで、ハゲの進行を防ぐことができますし、自分を「ハゲ予備軍」だと感じている人でも、ハゲを予防することができます。
こちらでは、自分でできるハゲ予防のデイリーケアについて詳しく解説しています。

日常的に自分で行なえるハゲの予防法

・頭皮を清潔に保つ
ハゲ予防で何よりも大切なことは「頭皮を清潔に保つ」ということ。
頭皮が汚れていると毛穴に汚れが詰まってしまい、そこから雑菌が繁殖して炎症を起こして抜け毛に繋がってしまいます。
まずは頭皮を清潔に保つことを念頭に、そこからプラスして外側、内側からのケアをプラスしていきましょう。
頭皮を清潔にするために重要なのはやはりシャンプーです。
まずシャンプー剤を使用する前に事前のすすぎをしっかり行ないます。
これだけでも髪の汚れはだいぶ落ちますので、熱すぎないシャワーで念入りにすすいでください。
その上でシャンプー剤を手に取り、手の中で軽く泡立ててから地肌につけてマッサージするように洗います。
シャンプーは毛髪につける必要はなく、地肌を洗った残りの泡で毛髪の汚れは落ちますので少量の使用で十分です。
シャンプーを終えたら、シャンプー剤が地肌に残らないようによくすすぎます。
シャンプー時に強く洗いすぎないこと、最後のすすぎを念入りに行なうことがポイントです。

・適度なマッサージで頭皮の血行を促進する
頭皮と手が清潔な状態で頭皮マッサージを行い、血行を促進することもハゲ予防に大きな効果があります。
頭皮には筋肉がないため、トレーニングで筋肉を収縮させて血液の循環を良くすることができません。
そのため、手でマッサージすることは頭皮の血行促進に高い効果が期待できます。
マッサージをするポイントは、耳の上あたりから頭頂部にかけて、ゆっくりと地肌を動かすように行なうこと。
指先ではなく指の腹で、円を描くようにマッサージします。
全体的に下から上へと円を描くようにマッサージしたら、最後に「百会」と呼ばれる頭頂部のツボを刺激すると、よりマッサージ効果が高まりますので試してみてください。

・規則正しい食生活で内面からハゲ予防
食生活の改善は、頭皮の健康を維持してハゲを予防することに大きな効果が期待できます。
ハゲやすい食べ物として挙げられるのが、糖分や油分の高い食べ物、添加物を多く含んだ食べ物です。
糖分の多い食事は消化、分解の段階でビタミンBが大量に消費されてしまうため、皮脂の分泌を増やしてしまい、頭皮にも油分が分泌されやすくなります。
油分の高い食べ物も同じですが、さらに血液がドロドロになってしまい、血行が悪くなる恐れがありますので、できるだけ油分を控えた食事が望ましいでしょう。
添加物の多い食べ物も同様です。

ハゲ予防に必要な栄養としては、タンパク質やミネラル、亜鉛、ビタミン群などが挙げられます。
これらは毛髪を作るために欠かせない栄養素ですので、ぜひしっかりと摂取したいところ。
肉や魚、野菜をバランスよく摂取することでこれらの栄養素をきちんと補うことができますので、できるだけ新鮮な食材を品数多くいただくようにするとよいと思います。

・ヘアトニックを使って頭皮環境を整える
外側からのケアとして効果的なのは、やはりヘアトニックの活用です。
「フィンジアヘアトニック」は、「キャピシル」や「ピディオキシジル」といった頭皮の環境を整える効果が高い成分を豊富に配合しているのはもちろん、その効果をより高めるために「カプサイシン」を合わせて配合し、頭皮のコンディションに必要な成分をしっかり浸透させるヘアトニックです。
シャンプー後のマッサージに活用すれば、より頭皮環境が向上しますので、ぜひデイリーケアに取り入れてみるとよいと思います。

フィンジア TOPへ