0120-858-222 電話する

※Amazon Pay・クレジットカードでお支払いの場合のみ対象となります。

フィンジア成分特集(その1)

, , ,

フィンジアに配合されている成分をおさらいしよう

髪の悩みを解決するといわれる成分はたくさんあります。
ヘアトニック「フィンジア」はそれらの中でも高い効果が期待でき、また安全性の高い成分を配合しているため、きっとあなたの髪の悩みにもよい変化をもたらしてくれるでしょう。
ここで、フィンジアに配合されている有効成分の中でも特筆すべき3つの成分「キャピキシル」「ピディオキシジル」「カプサイシン」についてご紹介します。

キャピキシル

キャピキシルは髪の悩みに効果的な成分の中でも、比較的歴史の新しい成分です。
「アセチルテトラペプチド-3」と「アカツメクサ花エキス」という2つの成分から構成されていて、アセチルテトラペプチド-3には細胞の修復を促す効果が、アカツメクサ花エキスにはAGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する効果が期待できます。

髪の成長を助ける成分として「ミノキシジル」が有名ですが、キャピキシルはミノキシジルより3倍もの効果が期待できるといわれているほか、安全性が高い点が特徴です。
ミノキシジルはもともと高血圧を治療する薬として活用されおり、血管を拡張させる働きが髪の成長を促しますが、薬ということもあり副作用を引き起こす可能性があるのです。

キャピキシルはアミノ酸と植物由来の成分で構成されているため、副作用を気にすることがないので安心して使用できます。

ピディオキシジル

ピディオキシジルには毛母細胞の働きを活性化させたり、頭皮の血管を広げて栄養が行き渡りやすくする効果が期待できます。
またこれらの効果によって、髪が生え変わるサイクルを正常な状態に戻すことができるので、さらに髪の成長を促してくれる成分です。

血管拡張作用という点ではミノキシジルと同じ効果がありますが、ピディオキシジルは副作用が出ないように改良を重ねた上で展開されています。
キャピキシル同様ミノキシジルよりも安全性が高く、安心して使用できる成分です。

またミノキシジルは医薬部外品として取り扱われていますが、ピディオキシジルは「化粧品」として販売されています。
医薬部外品は配合量の制限がありますが、化粧品の場合はそうした制限がないので、高配合でより高い効果が期待できる点もポイントです。

カプサイシン

カプサイシンはトウガラシに含まれている成分です。
トウガラシの辛味はカプサイシンによるもので、代謝を促す効果が期待できることからダイエット食品に配合されることも少なくありません。

頭皮や髪においては、カプサイシンの血行促進効果がよい影響をもたらすといわれています。
ヘアトニックに配合することで頭皮の血行を促進し、有効成分が頭皮や毛根に行き渡りやすくなり、より効果が出やすくなるのです。
カプサイシンが直接髪の成長を促すというよりも、有効成分がより高い効果を発揮できるような土台を作ってくれると考えるとわかりやすいでしょう。

トウガラシに含まれているカプサイシンは、もちろん食事で摂取することも可能。
トウガラシの入った食事を摂ると体が熱くなって汗をかきますが、これはカプサイシンの血行促進効果によるものです。
しかし辛いものが苦手な人は食事で摂取することは難しいですし、ヘアトニックとして頭皮に直接与えることで、より高い血行促進効果が期待できます。

フィンジアはさらに10種類もの有効成分を配合

今回ご紹介した3つの成分のほかに、フィンジアは植物由来の毛髪成分をなんと10種類も配合しています。
植物由来なので頭皮がデリケートな人でも安心して使えるほか、さまざまな髪の悩みに効果を発揮してくれるはずです。
健やかな髪を育てたいと思う人は、ぜひフィンジアを毎日の習慣にしてください。

次回のテーマは<フィンジア成分特集(その2)>です。お楽しみに!

フィンジア TOPへ