0120-858-222 電話する

育毛にうれしい「ピディオキシジル」について徹底調査!

, , ,

育毛にいいとされている成分がたくさんある中で、今、注目されている成分が「ピディオキシジル」です。まだあまりなじみのない成分かもしれませんが、今後育毛剤に使われることが増えていくといわれています。今回はピディオキシジルの効果について詳しくご紹介していきます。

ピディオキシジルとは?

ピディオキシジルには正式名称があって、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドといいます。とても長い名称なのでピディオキシジルとよばれています。偶然発見された成分ではなく、効果の期待できる育毛成分として開発されました。

その元となっているのは育毛成分として定番のミノキシジルです。育毛をしている人であればミノキシジルなら聞いたことがある人も多いのでは?ピディオキシジルはミノキシジル誘導体ともよばれています。

ピディオキシジルの効果って?

・血管を広げる
ピディオキシジルの効果の一つに頭皮の血管を拡張させる効果があります。多くの人は頭皮に栄養が不足していて薄毛に悩んでいる状態です。血管が広がり血行が良くなれば栄養が頭皮にしっかりと行き届きやすくなり、健康な毛髪が育ちやすくなります。

・毛母細胞の働きを高める
毛母細胞に働きかけることで、細胞の分裂を活発にする効果があります。細胞分裂が活発に行われると、毛包が大きくなって成長し、太くてしっかりとした髪の毛が育ちやすくなります。弱々しくなっている髪の毛を強くしたいという人にもぴったりの効果ですね。

・ヘアサイクルを元に戻す
髪の毛のサイクルが乱れると薄毛の原因になりますが、ピディオキシジルはそれを正常にする効果も期待できます。サイクルが通常に戻ると、髪の毛の成長する期間が延びて休止期間が短くなるため、髪がより成長しやすくなります。

その他にも、活動している毛母細胞だけではなく、眠っている状態の毛母細胞を起こして活動するように働きかける効果もあります。

ミノキシジルとピディオキシジルの違いとは?


とても似ているミノキシジルとピディキシジルですが、どのような点が違うのでしょうか?

・ピディキシジルは浸透しやすい
ピディオキシジルは、頭皮への浸透力が高い成分です。発毛効果のある成分が頭皮にしっかりと入っていくため、高い発毛効果が期待できるでしょう。ミノキシジルよりも分子構造が小さいため、より浸透しやすいといえます。

・ピディキシジルは副作用がない
ミノキシジルは育毛効果がある反面、副作用もあるといわれていました。そのため、副作用が心配でなかなか使えなかった人もいるはずです。ピディキシジルは副作用を改良して作られているため、大きな副作用の心配はありません。

ピディオキシジルはまつげ美容液にも使われているほどです。皮膚が薄くてデリケートな目元に使えるということは、刺激が少なく副作用の心配もないといえます。安全性が高い成分だから、安心して使えますよね。

ピディオキシジル

育毛剤を選ぶときに、効果を実感するために医薬部外品を選んだほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、医薬部外品でピディオキシジルを使っているものはありません。ピディオキシジルは医薬部外品として認可されていないためです。配合されることに制限がかかっているわけではないので、化粧品として販売されています。

しかし、ミノキシジルとの違いを考えると、医薬部外品じゃないから安全ではないというわけでなく、認可されているかどうかの違いなので安心して使えます。医薬部外品は販売に制限が出てしまうのですが、化粧品ならそういった制限がなく、配合濃度も高く設定することが可能です。

ぜひ、ピディオキシジルを使った育毛剤を試してみてくださいね。

フィンジア TOPへ