0120-858-222 電話する

AGA治療は手遅れの場合もある?早めの治療が大事!

, , ,

薄毛の進行は、意外と早いものです。最近抜け毛が増えてきたかも?ボリュームがなくなってきたかも?と思っているうちに、どんどん進行してしまいます。AGAは早めの治療が大事、といわれているのはご存知ですか?毎日忙しくて治療をする暇がない…と先延ばしにしていると、手遅れになってしまう恐れがあります。手遅れになってしまったら…もう髪の毛が生えてこなくなるの?と思うと怖いですよね。

AGAかもしれないと思ったら、少しでも早く治療を始めることが大事です。

AGA治療が手遅れになるって本当?

AGA治療は、いつ行っても効果が期待できるわけではありません。すでに手遅れになっているときは、頑張って治療をしてもなかなか効果が出なくなります。手遅れになる=毛母細胞が本来の働きを果たせなくなったときです。毛母細胞が死んでしまっていると、髪の毛はなかなか生えてきません。

・毛母細胞とは?

毛母細胞は、髪の毛の発育を司っている毛乳頭を取り囲んでいる細胞です。毛乳頭から毛母細胞に対して分裂が命令されると、毛母細胞がその指示を受けて分裂し、次第に増えていきます。そして、角質化して髪の毛になっていく…これが髪の毛ができるまでの仕組みです。毛母細胞は髪の毛を生み出す、そして髪の毛そのものになる細胞ということになりますね。

髪の毛が生えてこなくなっている、ということは、毛母細胞に何らかの問題が生じている状態です。

毛母細胞は死なない?

最初に、毛母細胞が死んでしまっていると髪の毛がなかなか生えてこないとお話ししましたが、毛母細胞が死ぬことはほとんどない、と思っていいでしょう。しかし、働きが弱まることはあります。実際にAGAになっている場合は、毛母細胞の働きが弱まっている状態です。働きがどれぐらい弱まるかによって、AGAの重症度も変わります。少し働きが弱まっているだけであれば、ちょっとした対策ですぐに復活し、毛母細胞は本来の働きを取り戻します。ですが、かなりひどいダメージを受けているとどうなるでしょうか。人間のけがでも同じように、軽いけがであればすぐ回復しますが、重いけがになると回復するまでに時間がかかりますよね。毛母細胞はそれと同じです。大きなダメージを受けていると、本来の毛母細胞としての働きを取り戻すためにはかなり時間がかかります。大きなダメージを受けている状態を、毛母細胞が死んでいる、と表現することも多いです。

毛母細胞を活性化することが大切

毛母細胞を活性化させることが、ハゲ解消への近道です。頭皮の状態を改善し、血流をアップさせると毛母細胞の活性化につながります。また、適度な運動も血流アップには効果的。睡眠をとって成長ホルモンの分泌量を増やすのもおすすめです。適度なリフレッシュでストレスをためない生活を送ると、毛母細胞が活性化するともいわれています。

さらに大事なのは、栄養補給ですね。偏った食生活をしていると、栄養不足に陥ってしまいます。亜鉛やタンパク質、アミノ酸など髪の毛を作る栄養素を積極的に取り入れながら、バランスの良い食生活を目指しましょう。

もちろん、育毛剤もおすすめ。頭皮に直接栄養を与えることができます。血行アップにも効果的ですし、食生活の改善や睡眠不足の解消などとともに行うとよりいい変化を感じられるでしょう。

少しでも早めの対策で早期回復を目指そう

活性化させるための対策として、今すぐ自分でできるものを中心にご紹介しました。何より大事なのは、AGA治療を後回しにしないことです。忙しいから、まだそれほどひどくないから、と後回しにしているうちに症状は進行します。ダメージを受けている期間が長くなればなるほど、回復までに時間がかかってしまいます。

少しでも早く対策を始めて、早めに毛母細胞が回復できるようなケアをしてあげてくださいね。

フィンジア TOPへ