0120-858-222 電話する

2021/01/29

中高年・シニアでも遅くない?中高年に最適の頭皮ケアとは?

, ,

まだ若い年代で薄毛や抜け毛が始まると、このままではいけない…と危機感を持ってお手入れや頭皮ケアをする人がほとんどです。しかし、中高年・シニアになるとどうでしょうか?年齢のせいだし仕方がない、もう歳だから頑張っても意味がない…なんて思っていないでしょうか。中高年やシニアであってもできる頭皮ケアはたくさんあります。いつまでも若くてかっこいい自分でいるために、あきらめずに頭皮ケアを始めてみませんか?

中高年やシニアでも、仕組みは同じ

若い世代の薄毛や抜け毛と、中高年やシニアの薄毛や抜け毛、基本的に仕組みは同じです。大きな原因はやはり血行不良ですね。血行が滞ることで栄養が頭皮に運ばれなくなり、髪の毛が成長しづらくなって薄毛や抜け毛を招いてしまいます。

しかし、若い世代と違うことが一つだけあります。それは老化です。若いころは元気そのもので疲れにくかったのに、中高年やシニアになってから衰えを感じた、なんて経験はないでしょうか。それは体が年齢とともに老化しているからです。老化現象には様々なものがあります。血行不良も老化の症状の一部ですね。

中高年・シニアでもできる頭皮ケアとは?

老化防止のために睡眠をしっかりととる

睡眠は人間にとってなくてはならず、体と心を休めるための大事な時間です。成長ホルモンは睡眠中に分泌されることがわかっており、それは年代問わず誰もが同じ。成長ホルモンが多く分泌される人ほど、若々しさを維持できるでしょう。睡眠不足が長く続いてしまうと、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。結果として老化を促進させてしまう可能性があるので、ちゃんと眠って体と心を休めましょう。成長ホルモンには細胞の生まれ変わりを助ける効果もあるので、健康的な髪の毛を維持することができます。

忙しい毎日の中でも早めに寝る習慣をつけて頭皮ケアを頑張ってみてください。

適度な運動をする

運動不足を感じている中高年やシニアは多いはず。若いときは元気に動き回れていても、年齢を重ねると疲れやすくなったり、昔はできていた運動がしんどくなるものです。だからといって運動をやめてしまうのは、薄毛や抜け毛だけではなく健康にも悪い影響が出てしまいます。

運動といっても頑張りすぎる必要はありません。適度な運動でOKなので、駅から歩いて家に帰ってみるとか、休日に散歩をしてみるとか…できる範囲で挑戦してみましょう。運動をすることで血行も良くなり頭皮への栄養も運ばれやすくなります。

食事はバランスよく

食事も基本中の基本で、バランスの良い食事を心がけましょう。どれだけ頭皮のケアをしていても、材料となる栄養がなければ意味がありません。ついつい手っ取り早く食べられるような加工食品やインスタント食品を選びたくなりますが、添加物がたくさん入っているので要注意です。食事は和食を中心に、様々な栄養が摂取できるものを選ぶといいでしょう。外食の時は定食を選んで、いろいろな料理を少しずつ食べられるとバランスが整いやすいです。

さらに詳しく深堀した記事も過去に掲載しています。年齢が上がるにつれ避けるのが難しい抜け毛の問題。早いうちからの頭皮ケアがベストですが、中高年・シニアになってもまだ間に合います。

フィンジアを使用してしっかり頭皮環境を整えよう

頭皮をケアするとしてやはり大事なのはフィンジアをはじめとしたスカルプエッセンスですね。より血行を促進させる成分が入っていますし、フィンジアを使ってマッサージをすることが習慣になれば、頭皮が柔らかくなって髪の毛も成長しやすくなります。フィンジアの有効成分の1つに「カプサイシン」があります。このカプサイシンは固くなった頭皮を柔らかくし、頭皮に有効な成分を角質層まで浸透させる働きがあります。

中高年やシニアでもフィンジアの効果は同じなので、フィンジア+睡眠・運動・栄養を意識した生活習慣を送りましょう。

もう歳だから…とあきらめてしまえば、一気に老けてしまいます。特に抜け毛の影響は見た目年齢をぐっとアップさせてしまうもの。フィンジアを使用した頭皮対策で若々しさを維持しましょう。



フィンジア TOPへ