0120-858-222 電話する

その薄毛ストレスかも・・・育毛にストレスはご法度!ストレス解消法

, ,

毎日の生活で、ストレスを感じているなぁ・・・と思うことはありませんか?特に社会人として毎日頑張っている人は、ストレス社会でも日々頑張っていることになります。薄毛や抜け毛など、髪の毛のことで悩んでいる人は、もしかするとストレスも大きな原因になっているかもしれません。育毛にはストレスがご法度です。正しいストレスの解消法を考えてみましょう。

薄毛の原因はストレスかも?

悩んでいる薄毛の原因が、実はストレスかもしれないと考えたことはあるでしょうか?現代社会ではストレスを感じることも多いでしょう。しかも、ストレスはちょっとしたものでも、蓄積していくことで交感神経を刺激します。交感神経を刺激することで自律神経に乱れが発生し、結果として薄毛につながっていくでしょう。

・血行が悪くなって頭皮に栄養が運ばれない
ストレスを感じて自律神経が乱れると、まず真っ先に起こるのは血行不良です。髪の毛は毛母細胞で作られているのですが、栄養を運ぶのは血液なので、血行不良によって髪の毛が育ちにくくなってしまうでしょう。

・睡眠時間が足りずにサイクルが乱れる
睡眠はとても大事なのですが、ストレスを感じて自律神経が乱れると、眠りが浅くなったり眠れなくなったりする不眠症になりやすいです。睡眠が十分に取れずに、発毛サイクルまで乱れて薄毛や抜け毛の原因となるでしょう。よく聞くのが、ゴールデンタイムの眠りですね。午後10時から午前2時の間をゴールデンタイムと呼び、その時間はしっかりと眠っていたほうがいい、と言われています。確かにその通りで、その時間は成長ホルモンがたくさん分泌されるため、深い眠りを迎えておくと発毛サイクルも整って育毛効果も期待しやすくなります。

ストレスは発散させること


ストレスが髪の毛に悪い影響を与えることはわかっていても、ストレスを感じない生活を送るのはとても難しいです。人間はどんな状況においても何らかのストレスを感じるものです。知らず知らずのうちに感じている小さなストレスなどは誰にでもあるでしょう。となると、できることといえばストレスを溜め込まないように発散することですね。

・ストレスを発散する方法を見つける
ストレスをどのように発散するかはその人次第です。一般的には、時間を忘れられるほど好きなことをするといい、といわれています。なにか夢中になれることを探して夢中になってみましょう。それだけでストレスは解消できているはずです。

・ストレスを溜めすぎないように発散する
発散するときは、溜めて溜めて一気に発散するのではなく、ちょっと感じているかな?という程度で発散することをおすすめします。

発散方法として定番なのは、体を動かすことですね。これは体を動かすことが好きな人にはもちろんですが、実はあまり得意ではないという人にもおすすめです。運動をすると、必死に無心になって汗を流しますよね。汗を流すことで溜まっていたストレスも一緒に流れるような気分になります。体を動かした後ってなんだかすっきりしますよね。

運動で発散する場合は、できないことを無理にやろうと頑張りすぎないでください。できないことを頑張ろうと思えば思うほど、それが逆にストレスになってしまいます。楽しく体を動かせる方法を見つけましょう。

薄毛はストレスが原因となる可能性もあり、日頃自分が知らない間に溜まっているかもしれません。溜め込まないことが最大の対策ですね。こまめにストレスを発散させて、薄毛や抜け毛の原因とならないように気をつけましょう。

フィンジア TOPへ