0120-858-222 電話する

フィンジアは化粧品?育毛剤ではないの?

, , ,

毛髪トニックを探していると、気になるのが「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」などの表記です。フィンジアも毛髪トニックですが、化粧品として販売されています。どうして化粧品なのか、育毛剤ではないのかな…?と気になりますよね。フィンジアの化粧品ならではの特徴についてご紹介します。

化粧品でも実力のある毛髪トニックがある!

育毛剤や毛髪トニックは、それぞれ属している分類があります。薬事法によって定められていて、医薬品や医薬部外品、化粧品など様々ですね。医薬品は治療を目的としている薬のことであり、厚生労働省が配合されている成分の効果を認めています。医薬部外品は有効成分が一定濃度で配合されているもの、という分類になります。

では化粧品はというと、配合されている成分の効果が認められていない、配合されている成分が少ない、医薬品として認められていない成分が入っている…と何か事情があると、化粧品という分類になります。

名前や分類の仕組みだけ聞くと、化粧品よりも医薬品や医薬部外品のほうが効果は高いのでは…と思ってしまいますよね。しかし、決してそういうわけではありません。医薬品や医薬部外品として販売するためには、配合することができない成分があります。それが効果の期待できる成分だとしても、厚生労働省に有効成分として認められていなければ、医薬品や医薬部外品と分類されることができません。

でも、フィンジアは化粧品でありながら、実力のある毛髪トニックとして注目されています。その理由を以下で紹介していきましょう。

フィンジアに含まれるキャピキシルが重要!

フィンジアはどうして医薬品や医薬部外品として分類されていないのかというと、フィンジアにはキャピキシルが配合されているからです。実は今、育毛において注目されている成分なのですが、医薬品や医薬部外品としては認められていません。
そのためフィンジアは化粧品として販売されています。

気になるキャピキシルのパワー


キャピキシルは、アセチルテトラペプチド3と、アカツメクサ花エキスからできている成分です。成長因子であるアセチルテトラペプチド3、そこに天然成分でビオカニンAという抜け毛を防ぐ成分が含まれるアカツメクサ花エキスがブレンドされ、男性の育毛ケアにはぴったりの効果を実感できるとされています。

特徴として、主成分はアミノ酸であること、抜けにくくすること、安全性が高いこと、育毛ケアにぴったりであることの4つがあります。主成分がアミノ酸であるため長期間の使用も安心です。

このキャピキシルを5%も配合しており、育毛ケアに注目の成分を多く含む毛髪トニックとしてフィンジアは人気が高まっています。

ゲートアクセス理論でさらにアプローチ!

フィンジアの魅力はまだあります。それはゲートアクセス理論です。キャピキシルを多く含んでいても毛根まで届いてくれなければ意味がありません。ゲートアクセス理論はトウガラシの辛み成分であるカプサイシンを作用させ、毛穴を開いて成分を浸透しやすくするという仕組みのことです。

フィンジアにはカプサイシンが配合されているため、キャピキシルと、もうひとつフィンジアに配合されているピディオキシジルがより毛根の奥まで届きやすくなるでしょう。

フィンジアは化粧品ではありますが、効果が弱いから化粧品に分類されているわけではありません。本当に育毛に必要な成分が配合され、それをちゃんと届けるための仕組みが整っていて、さらに安全性も高い…、フィンジアは魅力のある毛髪トニックといえます。

朝と夜の2回、清潔な状態の頭皮に使用することでより効果が実感できるでしょう。

フィンジア TOPへ