0120-858-222 電話する

プールが楽しい季節、紫外線や塩素は薄毛に影響する?

, , , ,

夏のプール遊びが頭皮や髪に与える影響

夏は海やプールなどの水遊びがとても楽しい季節。
海水が頭皮や髪にダメージを与えることは広く知られていますが、プールの塩素は問題ないのでしょうか。
結論からいうと、プールの塩素も頭皮や髪にダメージを与えます。
プールの水には雑菌の繁殖を防ぐために塩素を加えていますが、塩素は頭皮や髪を乾燥させてしまうので、抜け毛の原因となってしまうのです。
また塩素は、たんぱく質に付着する性質があるため、キューティクルを破壊して髪にダメージを与えます。
髪がダメージを受けると、毛髪の成長に必要な栄養がダメージを補修するために使われてしまうので、健康な髪が育ちにくくなってしまいます。
ちなみに水道水にも塩素が含まれていますが、プールよりも添加されている量が少ないため、大きなダメージを与えることはありません。
しかし地域などによって、塩素の強い水道水を使用している場合は、薄毛の原因となることもあるようです。
また屋外プールでは、紫外線も頭皮や髪に大きなダメージを与えます。
紫外線が頭皮に悪影響を与えることはご存知かと思いますが、プールサイドの照り返しは、天候によっては海よりも強くなることがあります。「プールは海よりも紫外線が弱い」と思っている人は注意が必要です。

紫外線や塩素から頭皮と髪を守るには?

プールに入る時に、水を通さないスイミングキャップなどで髪を保護してから入ると、塩素や紫外線の影響を受けにくくなります。
ゴム製のスイミングキャップがおすすめです。
プールによってスイミングキャップをかぶることに抵抗がある場合は、帽子をかぶってプールに入ることも検討してみましょう。
また、髪や頭皮をコーティングすることで、塩素の影響を少なくすることができます。
アウトバストリートメントや椿油のようなヘアケア剤を、プールに入る前に塗るようにしてみましょう。
塗らない時よりも、髪や頭皮へのダメージが少ないことが実感できると思います。
アウトバストリートメントにはいろいろな種類があり、UV効果のある製品も販売されていますので、そちらを使用すれば髪や頭皮の保護と同時に、紫外線対策もできますね。
プールから上がった後は、できるだけ早くシャワーを浴び、シャンプーで塩素を洗い流すことも重要です。
塩素が付着した状態が長くなるほど、頭皮や髪のダメージは大きくなりますので、プールから上がったらすぐにシャンプーで洗い流すように意識してください。
さらに、髪のダメージを少しでも軽減したい人は、シャンプーする前にコンディショナーをつけてからざっとシャワーで洗い流し、その後にシャンプーしてみてください。
シャンプー前に髪の通りがよくなるので、ダメージを軽減できます。

頭皮ケアでダメージを回復させよう

しっかり塩素を洗い流しても、紫外線の影響で頭皮はダメージを受けた状態なので、頭皮のケアもしっかりと行いましょう。
「フィンジア」は、頭皮環境を整えるために必要な成分をふんだんに配合したヘアトニックです。
高いスカルプ効果をもつ「キャピキシル」と「ピディオキシジル」を配合しているほか、頭皮を柔らかくする効果が期待できる「カプサイシン」を始め、頭皮や毛髪の健康に特化した成分がたくさん配合されています。
シャンプーでしっかり塩素を落とした後、フィンジアを頭皮につけてマッサージすることで、頭皮に必要な栄養を補給でき、プールで受けたダメージを効率よく修復することができます。
プールを楽しんだ日だけでなく、毎日ケアをすることで、ダメージに強い頭皮を作ることができますので、薄毛に悩む方はぜひ朝晩の習慣にすることをおすすめします。

フィンジア TOPへ