0120-858-222 電話する

※Amazon Pay・クレジットカードでお支払いの場合のみ対象となります。

髪の悩みがあってもヘアスタイリングを楽しみたい!

, , ,

髪の悩みがあるからこそヘアスタイリングが必要

ヘアセットによって髪の悩みをカバーする

髪の悩みを抱えている人は、ヘアセットでそれをカバーしている人も多いと思います。
髪のボリュームが気になる人は、その部分を立たせてボリュームを出す、一部の髪が少ない人はその部分が隠れるように束ねているという人もいるでしょう。
髪の悩みがある人こそヘアセットやスタイリングにこだわりたいところですが、ヘアスタイリングが髪や頭皮に負担を抱える可能性は否めません。

スタイリングによっては髪の悩みを増長させることも…

例えば髪のボリュームが少ない人は、ヘアワックスを使って根元から髪を立たせ、ボリュームを出すことがあります。
ワックスは自在にスタイリングができる優れものですが、根元につけることで毛穴にワックスの成分が入り込んでしまう可能性があり、その場合は頭皮のトラブルを招く原因となりかねません。
髪を束ねる人は毎日続けることでその部分の髪が抜けやすくなり、抜け毛の原因になることも。
ヘアスタイリングと髪や頭皮への負担は比例するといえます。

髪や頭皮に負担をかけずに整髪料を落とす方法

髪の悩みを抱えているけれど整髪料を使わずにはいられないという人は、シャンプー時にしっかりと整髪料を落とすことが大切です。
ここでぜひ実践してほしいシャンプー方法をご紹介します。

まずはぬるま湯でゆっくりとやさしくすすぐ

これまで適当に髪を濡らしてすぐにシャンプーを始めてしまっていた人は、まずぬるま湯でゆっくりと髪をすすぎ、ここでできるだけ整髪料や汚れを落としてしまいましょう。
お湯である程度整髪料を落としておくことで、シャンプー時に残った整髪料を落としやすくなります。

指の腹でやさしくシャンプー、汚れによっては2度洗いも

整髪料をしっかり落とそうとするために、つい爪でゴシゴシと洗ってしまう人も多いかもしれません。
しかし爪を立てて洗うと頭皮に傷がつき、トラブルの原因となってしまいます。
シャンプー時は指の腹を使って頭皮を動かしながら、マッサージするようにじっくりと洗いましょう。

また整髪料をかなりしっかりつけている人は、1回では落としきれない場合があります。
1回のシャンプーですっきりしないと感じたら、2度洗いをするのもひとつの方法です。
その場合は1回のシャンプー量を少なくし、頭皮にシャンプー剤が残らないようにしっかりすすぎましょう。

すすぎは完璧に!

現代人は忙しいからか、毎日シャンプーをするけれどすすぎが足りていない人が多いようです。
すすぎを怠ると毛穴に洗浄剤が詰まってしまい、やはり頭皮のトラブルを引き起こしやすくなります。
シャワーを使ってしっかりとすすぎ、毛穴に整髪料や洗浄料、汚れが残らないようにしてください。

髪の悩みをカバーしながらスタイリングを楽しむには

物理的に負担をかけるスタイリングは避ける

髪を強く結ぶ、アイロンの使いすぎなどは髪や頭皮に負担をかけてしまいます。
髪を束ねたい人はできるだけ負担のかからないようにやさしく束ねること、また毎日束ねることは避けましょう。
アイロンは髪に大きな負担をかけますが、誤って地肌につけてしまうと火傷の恐れがありますので、使用時は十分注意してください。

髪や頭皮をいたわる成分で作られた整髪料を使う

整髪料を選ぶときは、できるだけ髪や頭皮に負担のかからない成分で作られているものを選びましょう。
「フィンジアワックス」はヘアワックスでありながらスカルプ成分が配合されている画期的なワックスです。ヘアトニックの「フィンジア」と同じ「キャピキシル」と「ピディオキシジル」という2大スカルプ成分を配合しています。
確かなセット力で頭皮への負担が少ないので、髪の悩みを抱えている人にも安心して使える点がポイントです。
髪にハリとコシを与えてくれますので、ボリュームが気になるけれどワックスが与える頭皮への影響も気になるという人におすすめします。

次回のテーマは<日常生活にフィンジアを効率的に取り入れる方法を紹介>です。お楽しみに!

フィンジア TOPへ