0120-858-222 電話する

ハゲのサイン?抜け毛・フケ・かゆみには要注意!

, , ,

ハゲには必ず前兆があります。ある日突然ハゲる人はほとんどいません。しかし前兆を見逃していると、ある日突然ハゲてしまった…と感じる人もいるでしょう。では、どんな前兆があるのでしょうか?今回は3つの「ハゲのサイン」をご紹介します。

3つの「ハゲのサイン」とは?

ハゲのサイン・前兆には様々なものがありますが、特に気を付けなくてはいけない3つのサインを知っておきましょう。

・抜け毛
髪の毛は日々生まれ変わっているため、抜け毛がある=ハゲのサイン、というわけではありません。特に季節の変わり目は、髪の毛も生まれ変わる量が増えるといわれています。問題は、必要以上に発生する場合や、抜ける髪の毛が細い場合です。

抜ける量は、1日に100本程度までなら問題ないですが、それ以上抜けている場合は要注意。また、抜けた髪の毛が細かったり短かったり…弱々しいと感じるときは、髪の毛が成長を終える前に抜けてしまっているため、ハゲのサインと考えましょう。

・フケ
フケは、頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。黒い服を着ていると、肩に白いフケがのっていた…という経験はありませんか?フケは新陳代謝によって剥がれ落ちるため、健康な頭皮からも発生します。しかし、健康な頭皮から発生するフケは、肉眼ではほとんどわかりません。とても小さいものなので、気が付きにくいのです。問題は、肉眼で見えてしまうフケですね。頭皮に異常が発生すると、一度に剥がれ落ちる角質の量も多くなり、フケが大きくなります。肩に白いフケがのっている状態が長く続くようであれば、ハゲのサインといえるでしょう。

フケ発生の原因として考えられるのは、まず「頭皮の不潔」ですね。汗をたくさんかいたまま長く放置すると、頭皮には雑菌がたくさん繁殖します。その影響で頭皮環境が悪くなり、フケが増えてしまうでしょう。そのほか、かゆいからと爪でひっかいて傷をつけたり、シャンプーが十分に落とし切れていなかったり、頭皮に良くない状態が長く続くと発生しやすくなります。

・かゆみ

頭皮がかゆいときは、何らかの異常が発生している可能性があります。しかし、頭皮がかゆいからといって必ずハゲるわけではありません。ハゲとかゆみの直接的な関係はないと考えられています。しかし、ハゲのサインになることは事実。頭皮がかゆいということは、頭皮が正常な状態ではありません。健康的な髪の毛を育てるために必要な頭皮に異常が起きているのであれば、髪の毛の成長も妨げられてしまいます。

ただのかゆみと放置せず、ハゲのサインかもしれない…と対策が必要です。

3つの「ハゲのサイン」にはどう対策をするべき?


・抜け毛対策
髪の毛がしっかりと成長できる土台を作らなくてはいけません。頭皮環境を整えるために、血行促進や毛穴汚れを落とすなど、頭皮のケアを行いましょう。髪の毛が毛周期に合わせて抜けたり生えたりするようになれば、抜け毛も正常な量に戻ります。

・フケ対策
頭皮の清潔を保つために、正しい洗い方でしっかりと洗いましょう。使うシャンプーは、頭皮にあまり刺激を与えすぎず、でもしっかりと汚れが落とせるものをおすすめします。清潔にするため、シャンプーの回数を増やしてしまう人もいますが、実は逆効果。1日1回、多くても2回までにとどめ、頭皮に負担を与えないようにしましょう。

・かゆみ対策
頭皮のかゆみは、まずかかないことが大切です。かゆいとついついかきむしってしまいますが、爪でかいて傷をつけると、その傷から雑菌が入り込んでますます頭皮環境が悪化します。かゆみが強い場合は皮膚科に行って薬をもらうなどして、かゆみと付き合っていきましょう。また汚れが蓄積しているとかゆみも出やすいため、清潔な状態を保てるように頭皮ケアをしてくださいね。

いずれのサインも、大事なのは頭皮のケア。頭皮を清潔に保つために何をしたら良いのかを考え、自宅でできる対策から始めましょう

フィンジア TOPへ