0120-858-222 電話する

薄毛の原因を部分別に解説!改善方法もご案内

, , , ,

ハゲや薄毛はその部分によって原因が異なる?

遺伝性のハゲの場合はその限りではありませんが、薄毛やハゲができてしまっている場所によって、その原因が異なる場合があるのをご存知でしょうか?
ただし毛穴に汚れや老廃物、雑菌が詰まっているなどといったことが抜け毛の原因になっている可能性もありますので、頭皮環境を整えることは基本です。
その上でハゲや薄毛の原因を理解し、その原因に合った対策を取ることで症状が改善される可能性がありますので、ここで各部分別に解説していきたいと思います。

M字ハゲ・頭頂部

M字ハゲの原因として挙げられるのは、男性ホルモンの増加や栄養不足、血行不良、遺伝要素が大きいといわれています。
遺伝要素が強い場合は改善が難しいといわれていますが、原因となる要素をクリアしてくことで、症状が改善される可能性は十分考えられます。
バランスのよい食事で髪に必要な栄養をしっかり摂ること、血流をよくするよう適度な運動や水分摂取を心がけることから始めてみましょう。
また男性ホルモンの分泌状態が、AGAに直接的な影響を及ぼしているケースもありますので、AGAの治療を行っているクリニックに相談してみるのもよいと思います。

後頭部

後頭部は前頭部や頭頂部に比べると、薄毛やハゲの症状が起こりにくい場所だといわれています。
この部分が薄くなってしまう原因は、ストレスや血行不良、生活習慣の問題が大きいです。
ストレスを受けると血管が収縮し、血行不良につながりますので、できるだけストレスを受けないようにすることが重要。とはいえ社会生活を送る上で、ストレスは避けることができないと思われますので、ストレスを感じたらできるだけ早く、上手に解消するように心がけましょう。
また不規則な生活で睡眠不足が続いたり、昼夜逆転の生活が続いている人も、生活リズムの改善を検討してください。
人間の体は眠っている間に機能修復をしたり、摂取した栄養を吸収しています。薄毛だけでなく健康な体作りを目指す上で、睡眠はとても大切ですので、睡眠の質と時間は常に意識したいですね。

側頭部

側頭部はこめかみや耳の前あたりまでは、AGAによる薄毛の可能性があるといわれていますが、それより奥の部分については、「眼精疲労」が原因であることが多いようです。
一生懸命頭皮マッサージをしていたけれど薄毛が改善されず、目の周りをマッサージするようになったら改善されたという人もいるようですので、スマホやパソコンで目を酷使している人は眼精疲労の改善に取り組んでみましょう。
また女性で側頭部の薄毛が気になる場合、甲状腺の機能低下が原因の可能性があるほか、女性ホルモンの乱れが原因となっていることがあります。
産後や授乳中の方、生理不順の方などはホルモンバランスが乱れているかもしれませんので、婦人科医に相談してみるのもひとつの方法です。

体の内外からケアをして症状を緩和する

ホルモンバランスを整える、血行をよくするということについては、食生活である程度の改善が期待できます。
例えば男性ホルモンの分泌が過剰になっていると思われる場合、女性ホルモンの分泌を活発にするために大豆イソフラボンを積極的に摂取すると、薄毛が改善される可能性があります。
また血管を拡張する働きがあるビタミンEを積極的に摂取することで、血行促進につながることも。食生活の改善は比較的取り組みやすい分野だと思いますので、ぜひ意識してみましょう。
どんな栄養素を摂取すればよいかわからないという人には、ハゲや薄毛の改善に特化して開発された「フィンジアサプリ」がおすすめです。
また血行不良によって頭皮が固くなっている人や、毛穴の汚れが気になる人は「フィンジアトニック」で頭皮環境を整えることから始めてみましょう。フィンジアは2大スカルプ成分の「キャピキシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しているので、毛穴を清潔な状態に保てるほか、カプサイシンの効果で頭皮の血行を促進し、髪が育つ働きを促す効果が期待できます。
体の内外からケアをすると同時に、各部位別の原因をつぶしていき、ハゲや薄毛の改善を目指しましょう。

フィンジア TOPへ