0120-858-222 電話する

「頭皮によくない食べ物」を避けて健康な毛髪を手に入れよう

, , ,

健康も健やかな髪を育てるのも「血流」が命!?

薄毛が気になりだすと、生活習慣を見直そうという気持ちになりますよね。体は口にした食べ物からできていますので、食生活が原因かな?と考える人も多いと思います。
実際に普段食べているものは、抜け毛や薄毛に大きな影響があると言われていますので、できるだけ髪や頭皮に悪い食べ物は避けたいところです。
ではどんな食べ物が、髪が育つ働きを妨げるのか?ここで知っておきたいのは、「血流を悪くする食べ物が髪の育つ働きを妨げる」ということ。
血流が悪くなると毛細血管が詰まってしまい、体の末端まで栄養が行き届かなくなってしまいます。もちろんそれは毛根も同様で、血行が悪くなると毛根や髪の毛に栄養が届かず、髪が育つ機能が阻害されてしまうのです。
血流をよくする食べ物を積極的に摂取し、悪くする食べ物はできるだけ控えることを意識してみましょう。

スナック菓子は血流を悪くしてしまう

血流を悪くする食べ物として代表的なのが、油分や食品添加物が多く含まれる「スナック菓子」です。手軽なので仕事中など、小腹がすいたときについ手が伸びてしまいますが、体によくない食べ物としても広く知られていますよね。
スナック菓子は糖質と脂質、食品添加物がたくさん含まれています。これらは血流を悪くすることはもちろんのこと、脂質の摂りすぎは頭皮の炎症にもつながり、脂漏性脱毛症になる恐れがあるので注意が必要です。
しかしおいしくて手軽に食べられるスナック菓子は、おやつにぴったりなので、なかなかやめられないという人もいるでしょう。
そこでスナック菓子の代わりにおすすめしたいのが、アーモンドなどのナッツ類です。ナッツには血流をよくするビタミンEや、髪を作る際に必要となる亜鉛が豊富に含まれているため、抜け毛や薄毛の予防につながります。
そのほかおしゃぶり昆布などもおすすめ。海藻にはミネラルが豊富に含まれているため、頭皮や髪にもってこいの食材ですし、硬い昆布をゆっくり食べることで満腹中枢が刺激されて、おやつの食べすぎを防げます。

清涼飲料水もできるだけ避ける

甘いジュースや炭酸飲料といった清涼飲料水は、糖質を多く含んでいますので、血流を悪くする恐れがあります。
また清涼飲料水は肥満の原因となり、肥満はAGAと大きな関係があるといわれていますので、結果薄毛や抜け毛につながることも。
アミノ酸飲料はダイエットに効果があるといわれることがありますが、市販のアミノ酸飲料も糖質が高いため、飲みすぎると肥満につながってしまうので気をつけてくださいね。
喉が乾いたときは、できればミネラルウォーターやノンシュガーのお茶などを飲むことが望ましいです。
ミネラルウォーターをこまめに飲むことは血流促進につながりますし、老廃物を尿で排出してくれるので、頭皮環境によい効果も期待できます。
どうしても炭酸飲料が飲みたいというときは、ノンシュガーの炭酸水がおすすめです。糖質が含まれていないのでいくら飲んでも安心ですし、最近はレモンやコーラなどのフレーバーがついた炭酸水がありますので、活用することで炭酸ジュースを飲んでいる気持ちになれますよ。

栄養補給はサプリメントで効率よく

髪や頭皮に悪いといわれる食べ物を避けている、食生活も気をつけているけれどなかなか薄毛が改善されない…。そんなときは、髪や頭皮によい効果が期待できる成分をサプリメントで摂取するのもひとつの方法です。
「フィンジアサプリ」は、ビタミンやミネラルといった基本となる栄養素に加え、髪によい効果があるといわれているけれど、食事で摂取しにくい「ノコギリヤシ」など、様々な成分を配合しています。
普段の食生活にフィンジアサプリをプラスすれば、髪が育つ働きが促進され、薄毛の改善に大きく役立ってくれるでしょう。

フィンジア TOPへ