0120-858-222 電話する

ヘアセット時のダメージをできるだけ少なくするには?

, , , ,

ヘアセットは髪や頭皮にさまざまなダメージを与える

ドライヤーやヘアアイロンによるダメージ

ドライヤーやヘアアイロンは、主に髪にダメージを与えます。
熱によって髪のキューティクルが破壊されてしまうことで、髪のツヤが失われたり、枝毛や切れ毛となるのです。
特にヘアアイロンはかなりの高温で髪をセットしますので、ダメージを受けやすくなります。
ではアイロンの温度を下げればよいかというと、一概にはいえません。アイロンの温度を下げることで高温よりも髪へのダメージは受けにくくなりますが、クセがつきにくくなるのです。
何度もアイロンを当てたり、長時間当ててしまうと高温時の使用よりもダメージを受けてしまうこともあるため、できるだけ短時間でセットできるようにしましょう。
ドライヤーやアイロンの前に、トリートメント剤をつけてからセットするのもおすすめです。

整髪料によるダメージ

整髪料は髪に熱を与えるものではありませんが、毛穴に詰まって頭皮のトラブルを起こす可能性があります。
整髪料が頭皮に詰まると、頭皮本来の働きを行うことができなくなり、炎症やかゆみなどの原因となります。
人の体が呼吸できなくなると正常な状態を保てなくなることと似た状態だと考えるとよいかもしれません。

ヘアセット時のダメージを減らす方法

できるだけ自然なヘアスタイルを楽しむ

もっとも髪や頭皮に負担をかけない方法は、できるだけ無理なヘアセットをしないことです。
髪を束ねるときも引っ張りすぎないようにする、アイロンを使わなくてもまとまるヘアスタイルにするなど、自然なヘアスタイルであればそれだけ負担も少なくなります。

アイロンは髪をしっかり乾かしてから使う

髪のキューティクルは、乾いた状態だと閉じて髪の水分を保持しようとします。
髪が濡れていると開いた状態なので、そこにアイロンの熱を当ててしまうとダイレクトにダメージを受けてしまうため、髪に最悪の状態となってしまうのです。
ヘアアイロンを使用するときは、髪がしっかり乾いた状態で当てるようにしましょう。

整髪料を使用したらしっかり落とす

毛穴が詰まる原因となる整髪料は、シャンプーでしっかり落とすことが重要です。
頭皮を動かしながらマッサージするようにしっかりと洗い、すすぐ際にはシャワーのお湯が頭皮と垂直になるようにシャワーヘッドを当ててすすぎます。
また最近は朝シャンプーをする人が多いですが、整髪料がついたまま眠ってしまうと髪の成長が阻害されてしまう可能性がありますし、寝具に整髪料や汚れがついてしまい不衛生です。
整髪料を使用しているときは、就寝前にシャンプーをしてしっかり落とすように心がけてください。

頭皮にやさしい整髪料も販売されている

スカルプ成分の配合されたワックス

整髪料は髪にダメージを与えてしまう印象が強いですが、中には髪をいたわる成分を配合しているものもあります。
アイロンの前に使用するミストなどが代表的ですが、ヘアワックスにも頭皮をいたわる成分が含まれている製品があるのです。
「フィンジアワックス」には、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」というスカルプ成分が配合されています。
ヘアワックスは特に毛穴に入り込んでトラブルの原因となりやすいので、頭皮に負担をかけずに安心して使える点は大きなメリットです。

「フィンジア」と併用してさらにダメージを防ぐ

フィンジアワックスに含まれるスカルプ成分は、ヘアトニック「フィンジア」と同じ成分を配合しています。
ヘアトニックで頭皮の状態を整えながら、さらに頭皮に負担をかけないワックスを使用することで、より頭皮のダメージを防ぐことができるのです。
頭皮のダメージを防げれば、結果的に健やかな髪を維持することにもつながります。
髪や頭皮に関する悩みを抱えている人は、ぜひ使ってみるとよいでしょう。

次回のテーマは<髪の悩みがあってもヘアスタイリングを楽しみたい!>です。お楽しみに!

フィンジア TOPへ