0120-858-222 電話する

睡眠不足が頭皮にダメージを与える!睡眠の質を上げるには?

, , ,

睡眠不足はハゲの原因になる?

睡眠不足はハゲや薄毛の原因になるといわれていますが、どうしてなのでしょうか?
まず睡眠不足になると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、体の機能が正しく働かなくなってしまうということが挙げられます。
毛根の髪の生え変わりを行う機能が乱れると、毛周期のサイクルが狂ってしまうので、薄毛やハゲを引き起こしやすくなるのです。
もうひとつの原因としては、健康な頭皮や髪は睡眠中に作られるので、睡眠不足になると髪の生まれ変わりを妨げてしまうことが挙げられます。
健やかな髪と睡眠には、深い関係があるのですね。
しかし現代人は日々多忙で睡眠時間が短くなりがちですし、就寝の直前までスマホやパソコンのブルーライトを浴びている人が多いので、睡眠の質も悪くなりがち。
睡眠時間を増やすことは難しくても、睡眠の質を上げることでハゲや薄毛の改善効果が期待できるかもしれません。

睡眠の質を上げるにはどんな方法がある?

まずひとつは、先で触れている「ブルーライト」を浴びる時間を減らすことです。
就寝1時間前からはスマホやパソコンの使用をやめて、LEDライトではなく間接照明の灯りで過ごすなど、眠りの準備を始めることで、ベッドに入ってから眠りにつきやすくなります。

次に夜のカフェイン摂取を控えることも有効です。
コーヒーが眠りを妨げてしまうことは広く知られていますが、紅茶や緑茶にもカフェインが含まれています。
就寝前はこれらの摂取は避け、ミネラルウォーターや眠りを誘うカモミールティーなどのハーブティーを飲むことで、睡眠の質を上げることができるでしょう。

夕食は就寝直前に摂るのではなく、できれば就寝3時間前までに済ませておくのが理想的です。
3時間前が厳しいのであれば、最低でも1時間前までには済ませるようにしてください。
眠っている間に消化をしようと胃が働くと、体が十分な休息を取ることができません。
ちなみに睡眠の質を上げる食材としては、カツオやマグロなどの青魚、鶏むね肉、バナナ、プロセスチーズなどが挙げられます。
これらの食材には「トリプトファン」という成分が多く含まれ、トリプトファンは幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の原料となります。
日中にセロトニンがしっかり分泌されると、眠りを誘う「メラトニン」というホルモンが十分に分泌され、良質な睡眠を促してくれるのです。
ちなみにセロトニンは、朝日を浴びることでも分泌が高まるといわれていますので、ぜひ朝起きたらすぐに日光を浴びる習慣をつけると良いと思います。

また就寝前のストレッチも効果的です。
筋肉や関節を伸ばしてリラックスすると、眠気が訪れやすくなります。
逆に就寝前の激しい運動は、眠気を妨げる恐れがあるので避けたいところ。
筋トレやジョギングなどの運動は、就寝前ではなく夕方までに行うようにしましょう。

睡眠中に髪や頭皮が必要とする栄養を摂り入れよう

睡眠の質を上げる方法は、意外と手頃にできるものが多いです。
習慣化するまでに時間がかかるかもしれませんが、ひとつひとつできることから実践してみてください。
より健やかな毛根と毛髪を育てるためには、髪や頭皮がよろこぶ栄養を摂取することも大切です。
「フィンジアサプリ」は髪の生え変わりに必要な必須アミノ酸を多数配合しているほか、各種ビタミン、ミネラルも配合しているので、健やかな毛髪を育てる手助けをしてくれます。
1日1回、2粒を夜摂取するだけなので、会社や外出先に持って行かなくてもよいという手軽さも魅力です。
フィンジアサプリは夕食後または就寝前に摂取することで、ハゲや薄毛の予防、改善効果が期待できます。
フィンジアサプリを摂取しながら睡眠の質を上げる方法を取り入れつつ、できるだけ夜0時までの就寝を意識すれば、少しずつ髪や頭皮の状態が変わってくるはずです。

フィンジア TOPへ