0120-858-222 電話する

AGA治療の副作用やデメリットはある?

, ,

AGA治療は、今や珍しいものではなくなってきました。薄毛は治せるものと考えられるようになり、積極的にAGA治療を行う人も増えているのではないでしょうか。最近少し薄毛が気になってきたからそろそろAGA治療を始めようかなと思っている人にも、今すでにAGA治療を始めている人にも、知ってもらいたいのが「AGA治療による副作用やデメリット」です。どんな治療にも、良いところがあれば悪いところもあります。悪いところも知って、適切な治療を行いたいですね。

AGAの治療薬で起こる副作用

・フィナステリド
国で発毛効果が認められている成分で、AGAの治療にはよく用いられています。AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生産を抑制する働きがあるため、薄毛や抜け毛の進行を遅らせたり止めたりといった効果が期待できるでしょう。フィナステリドと聞くとあまりピンと来ないかもしれませんが、プロペシアとして処方される内服薬はフィナステリドが主成分として使われています。

副作用として現れやすいのは、性欲の減退、そして勃起不全です。使い始めてから、このような体の変化を感じ始めている人は、フィナステリドの副作用の可能性が高いです。なんかおかしいなと思っていても、性欲の減退や勃起不全という問題は、人に相談しにくい体の変化ですよね。でも、1人で悩み続けず、相談しましょう。

その他の副作用として、まれに肝機能の障害を起こすこともあるため、体の異常を感じた場合は必ず医師に報告し、指示を仰ぎましょう。

また、フィナステリドを使用しているときのデメリットとしては、献血や輸血ができないことです。女性や子供はフィナステリドを使用することができないので、服用中は献血・輸血NGであると覚えておきましょう。

・ミノキシジル
国内で発毛効果が認められており、ミノキシジルはAGA治療の基本として名前を聞いたことがある人も多いでしょう。男性のAGAだけではなく、女性のFAGAにも効果がある成分です。元々は高血圧の薬として用いられていたのですが、多毛という副作用が見つかったことにより、発毛剤の成分として使われるようになりました。

AGAの進行を止めるというよりも、薄毛や抜け毛が進んだ状態から発毛効果を高め、髪の毛を増やすことがミノキシジルの役目です。ミノキシジルは外用薬として処方されることが多いのも特徴です。

ミノキシジルを使うことによって起こりやすい副作用は、体毛が濃くなったり、血圧が低下したり、むくみやすくなったりという変化です。もともと血圧が低い人は、ミノキシジルを使用することでさらに低血圧になってしまうので、低血圧の人は使用できないことになっています。血圧の変化も起きやすいため、心臓機能に問題を起こしている人への使用も禁止されています。

また、外用薬として頭皮に塗布している場合、アレルギー症状を起こす恐れもあります。肌が弱い人やすぐに荒れやすい人は要注意です。こういった変化が見られたら、使用を中止して医師に相談しましょう。

副作用に注意しながら使おう


AGA治療薬による副作用をご紹介しました。AGA治療を行うにあたって、副作用のリスクがゼロではないことを知っておかなくてはいけません。副作用にも強い・弱いがありますが、「これぐらいの副作用は大丈夫」と自己判断をして使い続けていると、強い副作用が起こる恐れもあります。

もしも副作用が起こった場合、まずは使用を中止して、医師に相談しましょう。また、AGA治療薬は必ず、専門の医師がいる病院・クリニックで処方してもらうようにしてください。個人輸入で購入して使用すると、副作用が起きたときに相談することができません。安心で安全なAGA治療のために、医師の判断で適切な治療を行ってくださいね。

フィンジア TOPへ