0120-858-222 電話する

養毛シャンプーって何?どのような効果がある?

, , ,

薄毛や抜け毛のお手入れ用品として欠かせないのが「シャンプー」です。その中で、聞いたことはあるけれどどんな効果があるのか詳しくは知らない人も多い、養毛シャンプーについてご紹介します。

シャンプーをする意味

私たちは、普段何気なく髪の毛を洗うためにシャンプーを使っていますが、どうしてシャンプーを使って洗うのか考えたことはあるでしょうか?

シャンプーは髪の毛を洗うものではなく、頭皮を洗うためのものです。頭皮を洗うという意味の中には、頭皮をマッサージするという意味も含まれています。頭皮をマッサージしつつ、頭皮に付着した汚れをシャンプーの泡で落とす、これは本来のシャンプーです。

今まで間違った意味でとらえていた人もいるでしょうが、本来の意味を知ると頭皮のコンディションを整えることが大切な薄毛や抜け毛対策にシャンプーが重要であることも理解できますね。

養毛シャンプーって何?

養毛という言葉の意味は知っているでしょうか。養毛とは、髪の毛に必要な栄養を与え、栄養不足によって発生する抜け毛を予防することです。髪の毛の栄養不足は、体内にある栄養が何らかの影響で頭皮まで運ばれていないことで発生します。頭皮の血管が収縮して血流が悪くなっている状態だと栄養不足になるといわれており、その改善を行う対策が「養毛」です。

養毛シャンプーは、養毛のためのシャンプーということになります。頭皮が栄養を吸収しやすいように頭皮の状態を整える効果が期待できるシャンプーです。育毛や発毛という言葉に似ており、区別がつかない人も多いと思いますが、薄毛や抜け毛を予防したり改善したりという目的は同じですね。しかし、仕組みは異なっているため違いを把握してシャンプーを選びましょう。

正しくシャンプーをしよう

薄毛や抜け毛対策のシャンプーは、養毛・育毛などと様々な種類があるものの、何より大事なのは正しくシャンプーすることです。せっかくのシャンプーも、正しく使っていなければ意味がありません。一度シャンプーの正しいやり方について考えてみてください。

・髪の毛は洗う前にとかしておく
男性の場合は髪の毛が短いので、とかしてからシャンプーをする人は少ないと思います。しかし、短くても髪の毛同士は絡まります。絡まったままだとシャンプーの成分が頭皮に届きづらくなってしまうため、必ずクシを使ってとかしておきましょう。

・お湯でしっかりと洗う
予洗いといいますが、お湯でまずはしっかりと洗います。髪の毛を濡らすだけでお湯を短時間しか使わない人もいますが、その洗い方はNGです。お湯でしっかりと汚れを落としておけばシャンプーの量も少なく済むので、頭皮にかかる負担を最小限に抑えることができます。

・泡立ててからつける
シャンプーをそのまま頭にのせるのではなく一度手でよく泡立ててから使いましょう。手に取ったまま頭皮につけてしまうと刺激になりシャンプーの成分が頭皮に残りやすくなります。頭皮で泡立てることになるので、余計な負担もかけてしまいがちです。しっかりと泡立ててから使ってください。

・しっかりとすすぐ
シャンプーの成分はすすぎ残しによって頭皮への刺激となるので、面倒でも時間をかけてしっかりと洗い流し、シャンプーの成分が頭皮に残らないように気を付けましょう。

養毛シャンプーで頭皮を元気にしよう


頭皮の状態が悪いと健康的な髪の毛が育ちません。土台である頭皮をいかに元気な状態に戻してあげられるかが重要です。どれだけ栄養を与えても、土台がしっかりしていなければ意味がありません。

養毛シャンプーを正しく使いながら、薄毛や抜け毛改善を目指しましょう。シャンプーで頭皮の状態を整えつつ、育毛剤などセルフケアも行って頭皮に栄養を与えてあげるとさらに効果を実感できるはずです。

フィンジア TOPへ