0120-858-222 電話する

フィンジアは何歳から使える?高校生・大学生でも大丈夫?

, , ,

薄毛や抜け毛に悩む年齢というと、40代から50代、60代ぐらいというイメージがありますよね。確かに、それぐらいの中年以降が、薄毛や抜け毛の悩みが増えるピークといえるでしょう。しかし、その年代だけが悩んでいるわけではありません。いわゆる若ハゲと呼ばれる、もっと若年層の世代でも悩んでいる人はたくさんいます。フィンジアは若ハゲで悩んでいる人にも効果はあるのか、そもそも何歳から使うことができるのか、詳しくご紹介していきます。

若ハゲで悩む人は増えている

若ハゲとは、10代から20代の間に発生するAGA、男性型脱毛症のことです。若ハゲは若年性脱毛症と呼ばれています。一方で、40代から50代ごろに気になり始める薄毛や抜け毛、ハゲの減少は壮年性脱毛症といいます。呼び方でも区別されているように、若くしてハゲに悩む人も多い、ということですね。

AGA、男性型脱毛症は年代問わず起こる可能性があります。特に最近は若ハゲで悩む人も増えてきているのだとか。

若ハゲは改善しやすい


若ハゲになると、元からの体質だから仕方がない…とあきらめてしまう人も多いです。しかし、決してあきらめてはいけません。実は遺伝でハゲてしまう人は、なんと2割程度しかいないのだとか。それ以外に理由があると思うと、改善のために頑張らなくては…と思いますよね。

若ハゲはとても改善しやすいハゲです。若ハゲに悩んでいる10代から20代のころは、体の代謝も活発になっています。そのため、フィンジアを使うととても反応がよく、AGAが改善する可能性も高いでしょう。

いかに早く対策ができるか、が大事

若ハゲは、まだハゲがはじまってわずかしか時間がたっていません。そのため、しっかりと対策をすることで早く改善に向かうことができるでしょう。若いときって、ハゲていることが恥ずかしくてついつい隠したりしますよね。でも実はそれが逆効果で、健やかな頭皮環境を保って髪の毛の成長に最適な状態を作ってあげるためにも、ごまかさないのが一番です。

先ほどもお話ししたように、早めに対策をすると若ハゲは反応が良くて早く回復していきます。どうせ生えてくるはずがない…とあきらめる前に、いろいろな対策ができるといいですね。

フィンジアを使って若ハゲ予防・対策

高校生や大学生だとフィンジアを使うことができないのではと思うかもしれませんが、フィンジアは年齢に関する制限は基本的にありません。もちろん年齢だけではなく、性別も男女ともに使用できますので、今まで肌が敏感で悩んでいた人にもぴったり。若いうちに始めることで薄毛や抜け毛は最小限に抑えられます。実際に中学生で若ハゲに悩んでいる息子さんがいる親御さんが、使用してみて改善した、という口コミもあります。

効果にはもちろん個人差はありますが、高校生や大学生の年頃は外見が気になる年齢です。だからこそ、ハゲているということは本人にとってかなりのダメージとなり、気分まで落ち込みがちになってしまうほど。本人がフィンジアを使って改善しようという気持ちがあればいいのですが、もしもフィンジアを知らない、使うのをためらっている、ということであれば、親御さんが背中を押してあげてもいいでしょう。

フィンジアのゲートアクセス理論でしっかり対策を

フィンジアが人気の秘密は、独自のゲートアクセス理論です。フィンジアに配合されている成分によって、より育毛成分をしみこみやすくしてくれます。より効果が高まるので、頭皮に栄養がいきわたって髪の毛が成長しやすくなるでしょう。

年齢問わず使えるフィンジアで、若ハゲ対策ができるといいですね。

フィンジア TOPへ