0120-858-222 電話する

頭皮をいたわるスタイリングが薄毛改善のポイント!?

, , , ,

健康な髪を育てるには頭皮への負担を軽減することが大切

ハゲや薄毛に悩む人は、その原因を探って改善したいと考えると思います。遺伝や年齢、ストレスなどさまざまな原因が考えられますが、そのひとつとして「髪や頭皮を酷使しすぎた」ことが原因であるケースは少なくありません。
髪の根元から、ドレッドヘアーなど頭皮への負担が大きいパーマを長期間かけていた人や、強いヘアカラーを続けてきた人は、頭皮や毛穴に負担がかかりすぎてしまい、健康な毛髪が育ちにくくなってしまうのです。
女性の場合は髪をゴムで強く縛り続けていた人が、分け目から薄くなってきてしまうことがあります。このように過酷な環境にさらされてきた頭皮は、過度な負担を軽減することで薄毛などの症状が改善される可能性が高いです。しかし「時既に遅し」で負担を軽減しても薄毛が改善されない人もいます。

男性のスタイリングは整髪料を多用しがち

男性のスタイリングで女性よりも大きな負担となっているのが「整髪料の使いすぎ」です。
ポマードやヘアワックス、スプレーなど、ヘアセットにさまざまな整髪料を使用する男性は多く、また髪を立たせるために髪の根元から整髪料をつけてしまうと、毛穴に入り込んで毛髪の成長を邪魔してしまう恐れがあります。
こうした整髪料は、シャンプー時にしっかり落とすことで負担を軽減することができますが、男性はシャンプーを適当に済ませてしまう人が多いです。髪が短く洗いやすいと感じているのか、適当に泡立てて頭皮に滑らせたらそのまま流してしまう人も。
そのほか男性は、朝シャワーを浴びたときにシャンプーをして、その後整髪料をたっぷりつけてスタイリングをして出かけるという人が多いのも問題です。夏場は別として、秋冬など帰宅後にもう一度入浴してシャンプーするという人は少なく、たっぷりの整髪料や大気汚染物質が髪や頭皮についたまま眠ることになってしまいます。
こうした汚れがついた枕を使用していれば、仮にきれいに洗った後に眠ったとしても、汚れが髪や頭皮に付着してしまいますし、そうなると結局頭皮環境は悪化したままの状態になってしまいます。

頭皮に負担をかけないためには、できるだけ整髪料を使いすぎないヘアセットを心がけること。しかしそうもいかないという人は、朝ではなく夜入浴するようにして、整髪料をシャンプーでしっかり洗い流した上で眠ることをおすすめします。
髪の根元にしっかり整髪料をつけてしまうという人は、2度洗いで完全に頭皮や毛穴から整髪料や汚れを落とすように心がけたり、半身浴で毛穴から汚れが排出されやすくするのも良いでしょう。サウナなどを利用するのもよいですね。
男性は髪が短い人が多い上に、女性と比較して皮脂の分泌が多いので、定期的に枕カバーなどの寝具を洗って、清潔にしておくことを心がけてください。

頭皮をいたわる「フィンジアワックス」

「フィンジアワックス」は、頭皮に負担をかけないことはもちろん、頭皮を良い状態にするために開発されたスタイリング剤です。
低刺激にこだわり、パラベンなど7つの表示指定成分が無添加であることに加え、フィンジアシリーズで豊富に配合されているスカルプ成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」をワックスにも配合しています。
刺激の強いスキンケアを使用すると、肌にダメージを受けてしまうのと同じように、頭皮も肌の一部ですので、できるだけやさしいものを使うことが、頭皮を健やかに保つポイントです。
特に整髪料は毎日使用するものですから、髪に良い成分が配合されているほうが良いのは当然ですよね。
髪や頭皮を酷使している自覚がある人は、フィンジアワックスで頭皮をいたわるスタイリングにシフトしてみませんか?

フィンジア TOPへ