0120-858-222 電話する

頭皮が乾燥し始めたらオイルマッサージでしっかり保湿!

, , ,

空気の乾燥は突然やってくる!

夏の終わり、まだ秋には入っていないと思っていても、空気の乾燥はかなり早い段階から始まります。
腕やすね、手などのパーツが乾燥してきたなと思ったら、頭皮も乾燥しやすい状態となっています。頭皮環境を良い状態に保ちたいのであれば、早めのケアが大切です。
目安としては、夏の終りに肌がサラサラしてきた、ベタつかなくなってきたと感じてきた頃。肌が敏感な人は、軽いかゆみを覚えることもあります。その頃になったらオイルマッサージの季節だな、と思ってください。
保湿重視のケアでおすすめしたいのが、頭皮のオイルマッサージ。「オイルでマッサージするとベタついてしまうのでは」と思う人がいるかもしれませんが、シャンプーの前に行い、しっかり洗い流せば適度な保湿力が残ります。
乾燥が気になる季節に、とてもおすすめのケア方法です。

オイルマッサージのやり方

用意するオイルは肌に合っているものであれば何でも大丈夫ですが、椿油やホホバオイルなど、肌への浸透力が高いオイルが適しています。食用のオリーブオイルも頭皮マッサージに安心して使えるオイルです。
ベビーオイルはドラッグストアで手軽に購入できますが、赤ちゃんの肌を保護する目的で作られているオイルで、マッサージには適さないことがありますので注意してください。

入浴前、シャンプーする前の乾いた頭皮にオイルを適量塗布します。その後、頭皮全体に伸ばしながら、ふだん行う頭皮マッサージと同じようにマッサージしてください。
側頭部から、指で円を描きながら頭皮を動かすよう上へとマッサージし、頭頂部をおさえます。
頭皮は自力で動かすことができないので、指で動かして血行を良くすることを意識しましょう。
また力を入れすぎないこともポイントです。ぐいぐいと力を入れてしまう、爪を立ててしまう行為は頭皮にダメージを与えてしまうので逆効果。ゆっくりとやさしくマッサージしてくださいね。

マッサージを終えたら一度しっかりとすすぎ、それからシャンプーで汚れや油分を洗い流します。
オイルを塗布したら、マッサージの前に湯船に浸かるなどしてしばらくおいておくと、毛穴から汗と一緒に汚れや老廃物が排出されやすくなるのでおすすめです。
オイルによっては油分がしっかり残るものもあり、油分が残りすぎると頭皮トラブルの原因になってしまいます。
余分な油分はしっかり洗い流せるように、丁寧にシャンプーし、きちんとすすぎを行いましょう。

頭皮に必要な栄養をしっかり与えることを忘れない

オイルマッサージは、特に乾燥が気にならない時期でもクレンジング的な感覚で行うのも良いと思います。
オイルで頭皮が保湿されることで毛穴が開きやすくなりますし、頭皮が柔らかくなります。そこで入浴しながら汗をかくと汚れが落ちやすくなるのです。
頭皮の油分がかなり強い人は、あまり頻繁に行わないほうが良いですが、たまに行うと潤いながらも頭皮がすっきりしますよ。

オイルマッサージが終わったら、普段どおりのヘアケアで終了ですが、このときに「フィンジア」で頭皮に必要な栄養を与えてあげるとより効果が高まります。
乾いた畑に作物は育たないように、頭皮もしっかり潤いが残っているほうが栄養分を吸収しやすいのです。
オイルマッサージが終わったら、必ずフィンジアで頭皮を整えるように意識してみましょう。

ちなみにフィンジアは、フィンジア自体に適度な保湿成分が配合されていますので、朝など頭皮が乾いた状態で使用するのもおすすめです。
乾いた頭皮に潤いが与えられ、髪も頭皮もいきいきとしてきます。
朝晩2回の使用でより高い効果が期待できますので、活用して常に頭皮をよい状態で維持できるように努めましょう。
継続することでハゲや薄毛の改善につながります。

フィンジア TOPへ